酵素ダイエットをしたらこんな副作用が!それは好転反応かも。

副作用
酵素ダイエットは酵素が含まれる食事やサプリメントまたはドリンクを用いて、短期間(48時間)のプチ断食を行うことが一番効果的です。しかしこのプチ断食を行う過程で必ずといっていいほど、体に不調が出ます。具体的には頭痛、便秘、吐き気、倦怠感、寒気、めまい、肩こり…などです。しかし、これらの症状は体がキレイな体に生まれ変わる過程で起きる「好転反応」と言い、とても重要な過程なのです。この段階を経て、皆さんの体は生まれ変わります。酵素ダイエットをした後に出る宿便は体の中に今まで溜まっていた毒素がするっと出る、いわば細胞カスの固まりです。「酵素ダイエットのせいで体に不調が出た!」と思う前にきちんとこの好転反応について知りましょう。

そもそもどうして体調が悪くなるの?

好転反応はプチ断食をすると必ずといって良いほど現れますが、どうして不調になるのでしょうか?それには普段の食生活が関係しています。今まで肉食や脂肪がたくさん含まれる食事などを食べてきた方は細胞内がコレステロールや中性脂肪が溜まってドロドロの状態になっています。プチ断食を行うことで、細胞破壊が起きて、この細胞内のコレステロールや中性脂肪が細胞カスとなって排泄されます。その排泄の過程で血液中に細胞カスが流れ込みます。この血液中に流れ込んだ細胞カスが好転反応として現れるのです。しばらくすれば血液はキレイな血液にリセットされて、好転反応も収まります。普段の食生活がひどい人ほどより強く好転反応が現れるといって良いでしょう。これは酵素ダイエットをするうえで重要な過程ですので、出た場合も焦らずに良いサインと思ってどんどんとデトックスをして下さい。

最も多い好転反応は「便秘」です。

プチ断食の好転反応として最も多い症状は「便秘」です。しかしこれも焦らずに対処することで、後に宿便としてたっぷりと出てくれます。便秘になった場合は、なるべく水分を多く摂る、酢の物を食べる、食物繊維がたっぷり入った食品を摂る、などを試してみて下さい。
このような過程を経て、宿便が出た時の気持よさは最高です。宿便は今まで体内に溜まった不要物が一気に出てくるので、色が濃くて臭いです。これが出たら断食成功と言えるでしょう。体の軽さに驚くはずです。

どうしてもつらい場合は断食をやめて下さい。

好転反応はダイエットをする上で重要な過程ですが、どうしてもひどくてつらい場合は断食をやめて下さい。また場合によっては医師に相談して下さい。症状がつらい時には紅茶にしょうがを入れて飲むと少しは楽になります。楽してキレイになる、痩せるなんてことはまずありません。今までの不摂生だった自分と向き合って生まれ変わるためにも好転反応と向き合うことが必要だと私は思います。
ウェブタンクジャパン
「ベルタ酵素」
シーエスシー
「千年酵素」
九南サービス
「みらいのこうそ」
copyright(c) 酵素ダイエット徹底比較ランキング-2013年版- All rights reserved.