生野菜や果物には酵素がたっぷり入っています。

生野菜

酵素は生野菜や果物、発酵食品に多く含まれています。特に大根はすりおろして食べることで細胞内の酵素も摂取できるので、酵素量が何倍にもなることが最近の研究で分かってきました。酵素は熱に非常に弱い性質を持っていて、47℃以上の加熱でほとんど死滅してしまいます。その為、温野菜などを酵素が入っているからと言って摂っても全く意味がないということです。酵素たっぷりのメニューを取り入れたいなら、必ず生で食べることを心がけて下さい。またすりおろしで食べる場合はセラミック製のすりおろし器を使うと良いです。野菜はすりおろしたらどんどんと酸化が始まってしまいます。すりおろしたらすぐに食べるようにしましょう。食べ物に含まれる酵素は食物酵素といい、一緒に食べる食べ物や、自分たちの消化を行ってれます。つまり酵素たっぷりのメニューを摂取することで、私たちの体内にある酵素(潜在酵素)の無駄使いを防げるのです。体内酵素を消化に使わずに代謝に回すことで、健康的でスリムな体を作ることが期待できます。
自分で野菜や果物を使って酵素メニューを作るのも良いでしょう。しかし残念なことに最近は市場に出回っている野菜や果物の栄養価自体が下がってきています。ですので有機野菜を使って作られた酵素サプリメント・ドリンクを摂ると良いです。自分で作る場合はできる限り有機栽培で作られた野菜・果物を使って下さい。

酵素が多く含まれる食べ物一覧

ウェブタンクジャパン
「ベルタ酵素」
シーエスシー
「千年酵素」
九南サービス
「みらいのこうそ」
copyright(c) 酵素ダイエット徹底比較ランキング-2013年版- All rights reserved.